チャットレディ

チャットレディのルールとは?禁止事項があるって本当?

突然ですが、チャットレディのルールについて考えたことはありますか?

実は、チャットレディには絶対にやってはいけないことがあるのです!

しかし意外と「ルールを気にしたこともない」という方がいらっしゃるのも事実。

そこで、今回はチャットレディが守るべきルールについてお伝えしていきます。

チャットサイトによってもルールの詳細は異なりますが、おそらくほとんどのサイトで禁止されているであろう5つについてまとめてみました。

これからチャットレディとして活動したいと考えている方も、すでにお仕事デビューしている方も、ぜひ参考にしてくださいね。

自分を守るためにもこの機会に再度、自分の登録している(する予定の)チャットサイトのルールや利用規約に目を通してみてはいかがでしょうか。

チャットレディはスタッフに監視されている?!イヤじゃないの?チャットレディについてネットで検索していると「チャットレディ スタッフ 監視」というキーワードが目に留まった方もいるのではないでしょうか...

チャットレディが知っておきたいルール5つ

さっそく、チャットレディが守るべきルールを5つチェックご紹介します。

下記以外にも禁止事項はいくつかあるので、チャットサイトの規約は必ず確認するようにしてくださいね。

ルール①過度な露出しない

逮捕されてしまう可能性もある危険行為のひとつが局部の露出です。

チャットレディ事務所を通して登録している方は、スタッフさんからも「絶対にダメ」と言われているのではないでしょうか?

国内サイトであれば、サイトにもよりますが「この子、危険だな」と思われた場合は強制的に配信をストップさせられることもあります。

そうでないと、チャットレディも配信会社も警察のお世話になってしまう可能性があるからです。

海外サイトの場合は、チャット画面を監視している人がいないので、仮に露出を続けても配信自体は続くことになります。

それが、どんなに危険なことは安易に想像つきますよね。

男性ユーザーから「誰も見てないから大丈夫」だなんて言われても、絶対に真に受けてはいけません!

また、チャットサイトによって露出に関するルールは細かく決まっていることがほとんどです。

たとえば、「待機のときは〇〇を見せてはいけない」などです。

ノンアダルトであれば、過度な露出はもちろん禁止されています。

「良い感じに稼いでいたのにアカウント停止になっていた」という状況を防ぐためにも、しっかりルールを守りましょう。

ルール②暴言を吐かない

男性ユーザーから心無い言葉を吐き捨てられてショックを受ける女性もいらっしゃいます。

いくら相手をブロックしても、暴言を吐かれた事実は残るので辛いですよね……。

しかし、たまに女性側が男性にキツイ言葉を言ってしまうこともあります。

「機嫌が悪かった」「気に障ることを言われた」「なんかむかついた」など、要因があるのはわかりますが、お相手もひとりの人間です。

「とあるチャットレディと出会って女性不審に陥ってしまった」なんてことにならないように配慮しましょう。

そして、逆の発想で態度の良くない一部のチャットレディさんがいるからこそ、少し愛想良くしているだけで良い子と思われるという傾向もあります。

せっかくチャットレディとして収入を得るなら、たくさん稼ぎたいですよね。

それならお仕事中だけも(心が荒れ狂っていても)ニコニコご機嫌女子を演じてみませんか?

ルール③直接会わない

チャットレディとしてお仕事をしていると、「デートしたいから今度の日曜日会えないかな?」というような言葉をかけられることがあります。

これだけならきっと断る女性が多いはずです。

では「サポートしたいから会ってくれるなら2万円渡す」などと言われたらどうでしょうか?

「会うだけならいいかな」なんて思ってしまう方もなかにはいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、この直接会うという行為は大変危険なことです。

相手におおよその住所を知られてしまう危険性もありますし、なにより弱みを握られてしまう可能性も否定できません。

最悪なケースでは無理やり暴力を奮われることだってあり得ます。

トラブルに巻き込まれないためにも、男性ユーザーと直接会うことは控えましょう。

また、同様に個人情報を教えることも禁止です。

「お金を振り込んであげるから」と言って、口座情報を聞かれても伝えてはいけませんよ!

ルール④他のサイトへ勧誘しない

常連さんとチャットでやりとりしているときにふと「あっちのサイトの方が稼げるのにな~」と思ったことはありませんか?

お相手に「〇〇のサイトでお話しませんか?」と提案したくなる気持ちもわかりますが、サイトのルール上禁止されているところがほとんどと言えるでしょう。

「バレなければ大丈夫」と楽観視するのはおすすめできません。

男性がチャットサイトに伝えてしまうかもしれませんし、そのやりとり自体を見られている可能性も高いのです。

そんなリスクを取るよりも、着実にチャット配信する方が長い目で見ると稼げるはず!

一時の感情に流されてルール違反をしてしまわないように注意しましょう!

ルール⑤第三者へのアカウント譲渡

基本的に作成したアカウントは本人しか使うことができません。

「代わりに配信して~!」「ちょっと試しにやってみたら?」「アカウントあるから使っていいよ」などと言って、知り合いに配信してもらうのはルール違反です。

めったにない状況だとは思いますが、知っておかないと後になって「ダメだと思ってなかった」「知らないうちにアカウント消されてた」なんてことにもなりかねません。

ルール④と同じく「バレなければ良いや」と考えるのは危険です。

また、多くのサイトでは、自分が配信している途中に第三者が画面に映ることも禁止されています。

うっかり登場させてしまわないように気を付けてくださいね。

ルールを守って安全にチャット配信をしよう!

「ルールを守ろう」と言われると堅苦しく感じてしまうかもしれません。

しかし、チャットレディの場合はとくに、自分の身を守るためにもルールは意識しておいた方が良いと言えます。

普段はあまりサイト規約を読まないという方も、一度きちんとチェックしておくべきでしょう。

とくに、露出の度合いやタイミングについては、チャットサイトごとに細かく違っていることが多いので、情報を頭に入れておいた方が安心です。

ルールを守って安全にしっかり稼いでくださいね。

↓こちらの記事も参考にしてください♪

【2019年】通勤タイプのチャットレディなら全国展開しているココがおすすめ!通勤チャットレディとして働きたいけれど、どの事務所に登録すれば良いのかわからないという女性も多いのではないでしょうか? 登録するチ...