チャットレディ

チャットレディの海外サイトは危険?チャトレはルールを守るべし!

「チャットレディの海外サイトってなに?」「海外のライブチャットサイトと耳にしてもピンとこない」「海外サイトが危険と言われているけどなぜ?」

ここ最近、そんな疑問が頭に浮かんでいる女性もいるのではないでしょうか?

定期的に逮捕者が出るのもほとんどが海外のライブチャットサイト利用者なので、ニュースではじめて海外サイトの存在を知ったというチャットレディの方もいらっしゃるかもしれませんね。

結論からお伝えすると、海外サイト自体が「悪い存在」というわけではありません!

ただし、海外サイトでの誤ったチャット配信は「法律違反」(=危険)です。

一体どんな危険性があるのか、気になりますよね。

今回はなぜ海外サイトが危険だと言われるのか?その理由についてお伝えしていきます。

海外のライブチャットサイトが危険な理由は?

海外のライブチャットサイトとは、「FC2ライブ」や「DXライブ」などが挙げられます。

まず、日本の法律では、無修正の動画や画像を人に見せるのは違法です。

ここでポイントとなるのは、海外のライブチャットサイトだからと言って海外の法律が適用されるわけではないということ!

もっと具体的に言えば、「海外にサーバーのあるサイトなら無修正OK」ではない!!!

海外サイトだろうとなんだろうと、下半身をすべて露出してしまえば、日本の法律に違反したことになり警察に捕まります。

過去に海外サイトでのチャット配信で逮捕された方のなかには、このルールを誤って認識されていたパターンもあるようです。

怖いのが、いまだに「海外サイトでは見せてもOK」のような間違った情報が、ネット上に転がっていること。

そして、チャット配信中にいたっては、国内外サイト問わず、男性ユーザーからの「だれも見ていないから大丈夫」「バレないよ」「みんなやってるよ」という無責任な声も最低です。

彼らは、単純に見たいだけ。

絶対に信じてはいけません。

たしかに(何を考えているのかわかりませんが)海外サイトでのチャット配信ですべてを見せてしまっている女性がいるのも事実。

「他の子もしてるなら大丈夫だよね♪」と思ってしまうと、とりかえしのつかないことになります。

逮捕者として、名前や住所が報道されてから後悔するなんて絶対に嫌ですよね……。

次の項目で詳しく説明しますが、そもそも国内サイトの場合だと監視の目があるので、危うい配信をしていると強制的に配信を終了させられます。

↑↑これが、国内サイトは海外サイトに比べて安全だと言われる理由のひとつでもあります。

海外サイトとなると、国内サイトのように監視の目がないので、「男性も言いたい放題!」「一部のチャットレディがやりたい放題!」のような状況に陥ってしまうのです。

(もちろん、ルールを守って配信されている女性の方もいらっしゃいますし、紳士的な男性も存在しています)

また、自分では気を付けているつもりでも、うっかり際どい配信になってしまって逮捕される可能性もゼロではないため、やはり海外サイトはおすすめできません。

ちなみに、動画だけでなく画像等にも当てはまるルールですので、メールレディの方も注意してくださいね。

国内サイトでチャット配信をするのは安全なの?

「海外のライブチャット配信が危険なのはわかったけど、国内サイトはどうなの?」と、疑問を持たれる方もいらっしゃるはずです。

当然、国内サイトでも無修正配信は法律違法です。

しかし、前の項目でも少しお伝えした通り、大手国内サイトの場合だと常に監視の目があります。

そのため、意図的ではなく、うっかり際どい配信をしてしまったとしても配信自体を強制終了させられてしまうので逮捕されるリスクはほとんどないでしょう。

ただし「どうせ監視があるならギリギリラインまで責めた配信をしよう♪」という思考になるのは危険ですよ。

また、男性ユーザー側も国内サイトが監視されていることを知っている場合が多いので、無理な要望される可能性も、海外サイトと比べると限りなく低い!

むしろ、国内サイトを長く利用している男性のなかには、際どい絵づらになると「もう少し隠した方が良いよ」と心配して下さる方もいます。

まとめると、海外サイトであろうと国内サイトであろうと無修正配信は法律違反(=危険!)

ただ、国内サイトの場合は「自分自身の監視&サイト運営の監視」という二重の守りがあるため、海外サイトに比べると安心!ということになります。

チャットレディ初心者は国内サイトを選ぼう

安心してチャットレディのお仕事をはじめるためにも、サイト選びはとても大切です。

チャットレディの海外サイトについて調べていると、「危険」という言葉の他にも「稼げる」というワードを目にすることがあります。

たしかに、国内サイトに比べて海外サイトは稼ぎやすい傾向にありますが、「稼げる」という言葉だけにつられて登録するのは避けた方が無難です。

とくに、チャットレディ初心者の方は、海外サイトではなく国内サイトを選ぶことをおすすめします。

理由は「慣れないチャット配信でのうっかりを防ぐ」ことと、「男性からの無理な要求によるストレスから身を守る」ためです。

もしも、チャットレディ事務所を通して登録するのであれば、国内サイトと海外サイトのどちらで配信することになるのか、しっかりと確認しておくようにしましょう。

チャットレディが知っておきたいルール5つ

海外サイトも国内サイトもチャットレディはルールを守って配信する必要があります。

この項目ではチャットレディが守るべきルールを5つ解説していきます。

下記以外にも禁止事項はいくつかあるので、チャット配信をするサイトの規約は必ず確認するようにしてくださいね。

  1. 過度な露出をしない
  2. 暴言を吐かない
  3. 直接会わない
  4. 他のサイトに勧誘しない
  5. 第三者へのアカウント譲渡

ひとつずつ、順番に詳しく解説していきます。

ルール①過度な露出をしない

逮捕されてしまう可能性もある危険行為のひとつが局部の露出です。

チャットレディ事務所を通して登録している方は、スタッフさんからも「絶対にダメ」と言われているのではないでしょうか?

国内サイトであれば、サイトにもよりますが「この子、危険だな」と思われた場合は強制的に配信をストップさせられることもあります。

そうでないと、チャットレディも配信会社も警察のお世話になってしまう可能性があるからです。

海外サイトの場合は、チャット画面を監視している人がいないので、仮に露出を続けても配信自体は続くことになります。

それが、どんなに危険なことは安易に想像つきますよね。

男性ユーザーから「誰も見てないから大丈夫」だなんて言われても、絶対に真に受けてはいけません!

また、チャットサイトによって露出に関するルールは細かく決まっていることがほとんどです。

たとえば、「待機のときは〇〇を見せてはいけない」などです。

ノンアダルトであれば、過度な露出はもちろん禁止されています。

「良い感じに稼いでいたのにアカウント停止になっていた」という状況を防ぐためにも、しっかりルールを守りましょう。

ルール②暴言を吐かない

男性ユーザーから心無い言葉を吐き捨てられてショックを受ける女性もいらっしゃいます。

いくら相手をブロックしても、暴言を吐かれた事実は残るので辛いですよね……。

しかし、たまに女性側が男性にキツイ言葉を言ってしまうこともあります。

「機嫌が悪かった」「気に障ることを言われた」「なんかむかついた」など、要因があるのはわかりますが、お相手もひとりの人間です。

「とあるチャットレディと出会って女性不審に陥ってしまった」なんてことにならないように配慮しましょう。

そして、逆の発想で態度の良くない一部のチャットレディさんがいるからこそ、少し愛想良くしているだけで良い子と思われるという傾向もあります。

せっかくチャットレディとして収入を得るなら、たくさん稼ぎたいですよね。

それならお仕事中だけも(心が荒れ狂っていても)ニコニコご機嫌女子を演じてみませんか?

ルール③直接会わない

チャットレディとしてお仕事をしていると、「デートしたいから今度の日曜日会えないかな?」というような言葉をかけられることがあります。

これだけならきっと断る女性が多いはずです。

では「サポートしたいから会ってくれるなら2万円渡す」などと言われたらどうでしょうか?

「会うだけならいいかな」なんて思ってしまう方もなかにはいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、この直接会うという行為は大変危険なことです。

相手におおよその住所を知られてしまう危険性もありますし、なにより弱みを握られてしまう可能性も否定できません。

最悪なケースでは無理やり暴力を奮われることだってあり得ます。

トラブルに巻き込まれないためにも、男性ユーザーと直接会うことは控えましょう。

また、同様に個人情報を教えることも禁止です。

「お金を振り込んであげるから」と言って、口座情報を聞かれても伝えてはいけませんよ!

ルール④他のサイトへ勧誘しない

常連さんとチャットでやりとりしているときにふと「あっちのサイトの方が稼げるのにな~」と思ったことはありませんか?

お相手に「〇〇のサイトでお話しませんか?」と提案したくなる気持ちもわかりますが、サイトのルール上禁止されているところがほとんどと言えるでしょう。

「バレなければ大丈夫」と楽観視するのはおすすめできません。

男性がチャットサイトに伝えてしまうかもしれませんし、そのやりとり自体を見られている可能性も高いのです。

そんなリスクを取るよりも、着実にチャット配信する方が長い目で見ると稼げるはず!

一時の感情に流されてルール違反をしてしまわないように注意しましょう!

ルール⑤第三者へのアカウント譲渡

基本的に作成したアカウントは本人しか使うことができません。

「代わりに配信して~!」「ちょっと試しにやってみたら?」「アカウントあるから使っていいよ」などと言って、知り合いに配信してもらうのはルール違反です。

めったにない状況だとは思いますが、知っておかないと後になって「ダメだと思ってなかった」「知らないうちにアカウント消されてた」なんてことにもなりかねません。

ルール④と同じく「バレなければ良いや」と考えるのは危険です。

また、多くのサイトでは、自分が配信している途中に第三者が画面に映ることも禁止されています。

うっかり登場させてしまわないように気を付けてくださいね。

ルールを守って安全にチャット配信をしよう!

「ルールを守ろう」と言われると堅苦しく感じてしまうかもしれません。

しかし、チャットレディの場合はとくに、自分の身を守るためにもルールは意識しておいた方が良いと言えます。

普段はあまりサイト規約を読まないという方も、一度きちんとチェックしておくべきでしょう。

とくに、露出の度合いやタイミングについては、チャットサイトごとに細かく違っていることが多いので、情報を頭に入れておいた方が安心です。

海外サイト、国内サイト問わず、ルールを守って安全にしっかり稼いでくださいね。

結論:海外サイトでのチャット配信にリスクが伴うのは事実!

決して海外のライブチャットサイト自体が「悪」というわけではありませんが、国内サイトに比べて女性にリスクが伴うのは事実です。

「ルールを守っていれば大丈夫」と思っていても、ついつい男性ユーザーの声に惑わされて

しまったり、うっかり露出してしまう可能性も否定できません。

「自分は絶対に大丈夫!」と思っていても、実際にはふらふら流されるなんてことは(とくに高収入ワーク系には)よくある話です。

(もちろん意志を強く持って、海外サイトでルールを守りながらお仕事をされている方もいます)

とくに、まだチャット配信自体に慣れていない初心者さんの場合は、国内サイトからはじめることを推薦します。

また、「リスクは承知の上、法律を守りながら海外サイトで働きたい!」という方も、いきなり海外サイトでチャットレディデビューするのではなく、国内サイトである程度チャット配信の経験を積んでから登録しても遅くはないはずです。