チャットレディ

【疑問】風俗店とキャバクラとチャットレディはどれがいいの?【男性経験ゼロ】

「収入の高い夜のお仕事をしたい!」と考えたときに、思いつく職業のひとつが風俗系やキャバクラではないでしょうか?

首都圏に限らず、地方にもさまざまなお店があり求人広告を見かける機会もあるかもしれません。

しかし、「触られるのは嫌だな」「なんだか気が進まない」といった理由で、一歩前に進めないという女性も多いはずです。

そんな方におすすめなのがチャットレディのお仕事です。

今回はなぜ、風俗店やキャバクラよりもチャットレディが良いのか解説していきます。

風俗店よりもチャットレディが良い理由5つ

お金はたくさん欲しいけれど、ストレスを感じるお仕事は避けたいですよね。

まずは、風俗店と比べてチャットレディが良い理由を5つお伝えします。

  1. 男性と触れ合わない
  2. 身バレ回避策がある
  3. 実技講習がない
  4. 病気の心配がない
  5. 体力がいらない

ひとつずつ、順番に解説していきます。

理由①男性と触れ合わない

一番の理由はこの「男性と触れ合わない」です!

いくら稼げるからといっても、やっぱり対面でのサービスに抵抗がありました。

風俗にもさまざまな種類がありますが、それなりに良いお給料を得ようとしたら、見てるだけ、見られるだけ、というわけにはいかないのでは?と考えたのです。

ものは試し!一度どこかで体験してみようかな?とも思いましたが、そこまでの勇気が出ず結局断念!

その後にチャットレディのお仕事を知ったので、結果オーライです。

理由②身バレ回避策がある

チャットレディの場合だと、画面越しのやりとりになるため、顔出しする場合も服装やメイクで普段とは雰囲気を変えることができます。

また、眼鏡やウィッグを使えば、仮に知人が見ていたとしてもバレるリスクを低くできる!

しかし、これが対面だと、いくらイメージを変えていたとしても他人のふりをするのは非常に難しいと思うのです。

私の場合、前職の関係で街中のいたるところで知り合いを見かけることがあります。

世間は狭いという言葉があるように、仕事場でばったり会う!なんてこともあり得えそうだな~と思い、対面の風俗系は避けたいと考えました。

理由③実技講習がない

過去に「風俗系は店舗によって、スタッフによる実技講習がある」なんて噂を聞いたことがありました。

ネットで詳しく調べてみると、やっぱり種類によっては実技講習がある様子。

「嫌な場合は断れば良い」という情報もありますが、風俗未経験者の場合、それだと仕事になりませんよね。

けど、お店の人に講習されるのは抵抗がある!はっきり言って嫌だ!そんな気持ちでした。

これがチャットレディの場合だと、お仕事の流れや注意点など説明を聞くだけでOKなのです!

男性経験の少ない女の子でもスムーズに働くことができますよ♪

理由④病気の心配がない

風俗系のお仕事は健康面でも不安要素がありました。

性の病気に感染してしまう可能性が潜んでいるからです。

男性の体に直接触れることが多ければ多い程、リスクは高くなる一方・・・

病院に行って完治するのであればまだ良いですが、性病の中には治りにくい病気も存在していますよね。

チャットレディの場合は、画面を通してのやりとりになるので、男性から病気が感染する心配は無用です。

そのため、常に病気の不安がつきまとって精神的に辛いなんてこともありません!

理由⑤体力がいらない

メンズエステの求人(おそらくアダルト系)にも興味があるという女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

多くは、マッサージのテクニックも学べるなんて凄い!という気持ちから「なんかいいな~」と思うようです。

しかし、よくよく考えてみてください。

きっと、マッサージ系は体力がいります。

そして、それは風俗店にも言えること。

がっつり稼ぎたいときに、自身の体力で足りるかよくよく考えてみてください。

お金はあるけど体はぐったり!なんて状況は嫌ですよね。

その点、チャットレディは少しの体力で充分にお仕事をすることができますよ♪

処女なのに風俗店?!それならチャットレディがおすすめ!

最近では、処女の方や男性経験の少ない女性が風俗店で働くケースが増えてきています。

とはいっても、無理なく働けて、お金も手に入るお仕事を選びたいですよね。

この記事では処女や男性経験の少ない方になぜチャットレディがおすすめなのか理由を5つお伝えしていきます。

  1. 対面での会話がない
  2. サービスがソフト
  3. ノンアダルトも可能
  4. 襲われる危険性がない
  5. 自分のペースでお仕事できる

ひとつずつ、順番に詳しく解説していきます。

理由①対面での会話がない

男性経験のない女の子は、普段から男性との接点があまりない場合も多いのではないでしょうか?

学校が女性ばかりの環境だったり、そもそも男の人が苦手というパターンもあるかもしれません。

チャットレディは対面での接客がないので、男性に慣れていない方でも安心してお仕事をすることができます。

風俗店の場合、無理な要望を言ってくるお客さんに対して、自分で説得して了承して頂いたり、スタッフさんを呼んだりと厄介なことが起こるケースもあります。

その際に、大声で怒鳴り散らされたりしたらトラウマになりそうですよね。

しかし、チャットレディの場合だと、極端な話コメントをスルーしたり相手をブロックすることもできるので、嫌な相手から身を守ることができます。

また、チャットに慣れていくうちに、自然と不愉快な質問のかわし方や対応の仕方を学べるので、今後の役にも立つはずですよ。

理由②サービスがソフト

男性経験が少ない女の子にとって、「サービス内容がソフト」に越したことはありませんよね。

チャットレディの特徴として「相手から触られることがない」「男性の体に触れる必要がない」が挙げられます。

そのため、処女を失うこともないですし、一部の風俗店で行われているスタッフによる実技講習もありません。

なかには男性経験の少ないうちから風俗のお仕事をしていて、行為そのものが嫌いになってしまったいう女の子もいます。

チャットレディの場合だと男性との接触がなく、相手が目の前にいるわけでもないので、一般の風俗店に比べるとストレスフリーに働くことができるのです。

理由③ノンアダルトも可能

チャットレディとして登録できるサイトの中には、ノンアダルトでの配信ができるところもあります。

お話がメインのお仕事内容となるので、男性経験が少なくても気軽にできるのが嬉しいですよね♪

その日の体調や気分によってノンアダルトサイトを利用することもできるので、無理なくお仕事をすることができますよ。

通勤型のチャットレディの場合は、事務所によってノンアダルトサイトを扱っていないこともあるので事前に確認しておきましょう。

理由④襲われる危険性がない

いくらソフトサービスの風俗店だからといって、興奮した男性が襲ってくる可能性はゼロではありません。

とくに、ホテルや自宅へ出向く無店舗型のサービスは女性にとってはリスクが高いと言えるでしょう。

風俗経験がなかったり男性経験が少ないと、対処方法に困ってしまいますよね。

店舗内のスペースでサービスを行うパターンでも、密室に二人きりという点では変わりありません。

スタッフさんを呼びたくても呼べない状況になることも考えられます。

その点、チャットレディの場合だと仮にいくら相手が興奮しても女の子がいるところに来ることは不可能なので、襲われる可能性をゼロにすることができるのです。

理由⑤自分のペースでお仕事ができる

男性経験が少ないうえ、無理なペースで風俗系のお仕事をしていると、精神的にも辛くなってしまいそうですよね。

最悪の場合、心が病んでしまうことも考えられます。

チャットレディとして働いている女の子の多くは、自分のペースでお仕事をしているのでストレスも最小限に抑えられています。

通勤型の場合は事務所にもよりますが、シフトは自由に入れるところも多く、お金が欲しいと思ったときに働くことができるのです。

「これだけ稼いでください!」「最低●日はシフトに入ってください!」と言われることもありません!

また、チャットレディのお仕事は画面越しとはいえ男性相手の接客業です。

心身ともに自分のコンディションの良いときにがっつりと稼いで、気乗りしないときはぼちぼち頑張りたい!とは思いませんか?

チャットレディならそんなマイペースな働き方も叶えることができますよ!

キャバクラよりもチャットレディが良い理由5つ

つづいて、キャバクラよりもチャットレディが良い理由を5つお伝えしていきます。

  1. お酒を飲まなくて良い
  2. 男性から触られることがない
  3. 人間関係を気にしなくて良い
  4. お仕事の時間帯が自由
  5. ストーカーの心配がない

ひとつずつ、順番に詳しく解説していきます。

理由①お酒を飲まなくて良い

もともとそこまでアルコールに強くないので、お酒ありきのお店で働くことは不安でした。

リアルな話、お酒の種類によっては自分でもびっくりするくらいにトイレが近くなるので、仕事にならなくなるとわかっていました。汗

年齢も20代前半ならともかく、30歳手前にさしかかっているため、体調面のことも考えお酒を飲まない方向性で考えました。

チャットレディであれば、お酒を飲む必要は全くありません。

アルコールが苦手な方でも、安心して働くことができますよ。

理由②男性から触られることがない

キャバクラとはいえ、多少のおさわりはやっぱりあるのではないかと心配でした。

軽いボディタッチくらいなら耐えられるだろうと思いましたが、相手はお客様。

「嫌なことがあっても強くは言えないんだろうな~。売り上げに貢献してくれているリピーターさんならなおさら、、、」という妄想を一人勝手に繰り広げテンションダウン。

チャットレディなら、画面越しでの接客なので絶対に触られることがありません。

これはとても魅力的なポイントでした!

「下ネタは平気だけど触られるのは無理」という方にもチャットレディはぴったりです。

理由③人間関係を気にしなくていい

これは、ただのイメージですが「キャバクラ=女社会!」

月間売上のランキングがあってライバル同士でぎくしゃくしたり、足の引っ張り合いや、お客さんの取り合いなんかで人間関係が面倒くさくなるのではないかと想像しました。

そんな状況を思い浮かべるだけでも、気持ちが落ち込みますよね。

もちろん、キャスト同士みんな仲の良いお店があることも知っていますが、これはもう運次第ですよね。

チャットレディの場合だと、基本的にはお仕事中は自分ひとりしかいません。

そのため、わずらわしいことは何もなく、配信に集中することができるのです!

「人間関係が面倒くさい」という方にもおすすめですよ。

理由④お仕事の時間帯が自由

キャバクラの場合だと、主に出勤時間は夜ですよね。

最近は、昼キャバや朝キャバと呼ばれるものも存在していますが、夜に比べると時給は低めに設定されているお店が多いようです。

となると、キャバクラ譲渡して勤務するとなると、朝夜逆転の生活になるのは想像がつきますよね。

私の場合、実家暮らしということもあり「夜遅くに出掛けるのは避けたい」と思っていました。

チャットレディのお仕事だと、24時間いつでもOKというプロダクションが多くあります。

自分のスケジュールや金銭状況に合わせて、好きなときに働けるなんて最高です!

理由⑤ストーカーの心配がない

キャバクラに限らずですが、男性と直接顔を合わせる職業だと、つきまといやストーカー被害のリスクが多少はでてきてしまいます。

退勤後、気が付かないうちに後をつけられていて、家がバレてしまう可能性もゼロとは言い切れません。

想像するだけでも怖いですよね。

チャットレディの場合は、直接会うわけではないので、こちらが情報を漏らさない限りはどこに住んでいるのかさえわかりません。

そのため、ストーカーなど、男性とのトラブルを避けることができます。

結論:チャットレディはストレスフリーに働ける!

正直なところ、チャットレディは風俗店やキャバクラに比べるとまだまだメジャーなお仕事ではありません。

理由は簡単で、パソコンやスマートフォンの普及とともに生まれたジャンルだからです。

そのため、まだまだ歴史が浅い!

しかし、チャット配信に限らず、動画コンテンツの需要が年々伸びていることは事実です。

しかも、働く女性側にとっては相手と対面して接客する必要がないので、リスクも低く、ストレスも感じにくいというメリットがあります。

「風俗店やキャバクラに比べて働きやすいのはわかったけどやっぱり抵抗あるな~」という方は、まずは1日チャットレディ体験からはじめてみるのがおすすめです。

下記の記事に、わたしが実際にチャットレディ体験したときのことを書いています。

ぜひ、参考にしてくださいね♪

【チャットレディ体験談】チャトレは危険?大阪で1日体験してみた!収入公開!「大阪でチャットレディの体験をしてみたいけれど不安!」「チャトレって稼げる?」「チャットレディの体験って何するの?」と思っている方も多い...